三河物語について

みなさんは、「三河物語」という戦国時代の三河(現在の愛知県岡崎市近郊)あたりから駿府(現在の静岡県静岡市近郊)あたりまでを舞台とした、岡崎松平家、徳川家康、大久保彦左衛門、三河侍などに関する時代物語をご存知でしょうか。私自身もまだ読んだことがないのですが、先日とある書店の平台(売れ筋本や新刊本を宣伝するための売場スペース)に、今放映中のNHK大河ドラマ「風林火山」に関係する、武田信玄や軍師山本堪助に関する新書、単行本、武田の兵法を記した「甲陽軍鑑」などにまじって、なぜか「三河物語」の新書が並べられていました。「三河物語」と「風林火山」は何か関係があるのでしょうか。それとも我が出身地である三河が今、ブームなんでしょうか。そういえば地元地方紙の中日新聞に「新三河物語」という読み物が連載されていますが、その影響なのでしょうか。
今読んでいる「五輪書」を読み終えたら、私も三河出身として、「三河物語」を読んでみようかと考えている、今日この頃です。
三河物語

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント