今週のお稽古(11月第1回目)

息子が高校のテスト日程にあわせて1週お稽古を休みにしたいということで、今週が今月(11月)1回目のお稽古となりました。今週も正座の部と抜刀法(立業)について、不出来な部分を細かくご指導していただきました。

いつものことなのですが居合のお稽古の日は、お稽古までの時間が待ち遠しいのです。私にとって居合は、ある種の精神的な安定感を与えてくれるからです。我が息子は、「居合は気分転換にもなる。」といっていますが、多分同じようなことを感じているのだと思います。
着物と袴の姿になり、刀を手にすると、別の自分に切り替わるようなイメージです。
日常の喧騒やさまざまなストレスが精神に与えた、不安、焦り、イライラ、妬み、無気力、抑うつ、怒りなどのネガティブな方向に傾むいた気持ちや考えから隔離され、落ち着いた精神状態のなかで稽古に集中でき、そして稽古を終えた後には充足感と、ゆとりさえ感じられるほどの心の安定感が得られるように感じられるのです。
いまは居合のお稽古や自主練習を通じて自分に不足している精神エネルギーを補充しているような感じですが、心身のバランスが良く自分らしい個性をもった人間として成長していきたいと思っています。
いまや私にとって居合は、心身の健康の維持向上になくてはならないものになりつつあります。

さて、今週のお稽古で館長先生にご指導いただいた主な注意点は以下のとおりです。

正座之部「右」:
腰を上げながら柄を握る際、柄頭が下を向かないようにするためとはいえ、柄頭を極端に上に向けたりしないこと。あくまでも座っていたときと、ほぼ同じ刀の傾きのまま柄頭に右手を添えること。

正座之部「八重垣」:
毎回のことながら、脛囲いの際の刀は刃を正面に向けて、右手の親指で柄を押し込むようにして、脛を斬らんとする敵の刀を跳ね飛ばす勢いで刀を操ること。

正座之部「受流」:
「鎬で受ける姿は良くなってきた。」とお言葉をいただいた。が、斬り下ろしの前の振りかぶりでの左足の踏み直しは、前に出ず、踵の位置をそのままにして、敵の正面に向けて踏みなおすこと。

正座之部「抜打」:
刀を抜く際の膝立ちは、しっかり足のつま先をひきつけて曲げ、床をしっかりとらえておくと、斬り下ろしの際に上体が前進するようになる。膝立ち状態から上方に跳ね上がりながら斬り下ろす際、斬り下ろし後の膝の着地位置は、最初の膝立ち状態の膝の位置より前方に進んでいること(後退しないこと)。

最近、我が息子と同年代の若い人たちが、男女を問わず、居合を含む武道に興味・関心を示しているように感じます。勉強や仕事との両立は大変だと思いますが、是非続けていただきたいと思います。ご事情により中断せざるを得ない場合でも、またきっと再開できる機会が訪れると思いますので、そのときはまた続けていただきたいと思います。おっと、やっと3年目の若輩者が言えるような立場ではありませんでした。自分こそ今後も弛まず続けていけるよう努力します。


にほんブログ村 格闘技ブログ 武術・武道へ ブログランキング参加中。良かったらクリックしてくださいませ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月11日 12:20
ご無沙汰しております。
「武蔵」「新撰組」といった大河ドラマが放映された頃から、どの道場でも私のような若い世代や女性の入門が増えているそうです。道場によっては満員の所も出てきていると聞いています。

昨日拝見した夢想神伝流の演武では、なんと小学生の姿もありました。小学3年生だそうですが、長い刀を力強く振っており、非常に注目を浴びていました。
三河武士@BlogMaster
2007年11月11日 22:40
わたわた様
いつもコメントしていただきましてありがとうございます。
大河ドラマの影響は、やはり大きいようですね。
ところで、古武道大会で小学生が演武を奉納ですか。それも小3ですか。今後の成長が楽しみな小学生ですね。中部の大会でも男子小学生の剣士の姿を見かけたことがございます。居合をなさっておられる高段者のご婦人のお孫さんだったようでした。
元50番
2007年11月13日 15:00
三河武士様。御無沙汰いたしております。
文武両道の御子息がおみえになり羨ましい限りです。

さて、わたわた様の話題に便乗してですが、
ここ数年、藤沢周平原作の映画が話題に上ります。
藤沢作品のキーワードは、"下級武士・義・悲恋・剣"と、
思われますが、如何でしょうか?

現在放送中のNHK時代劇、「風の果て」のPR編で、
実際の田宮流"附込"を紹介していました。
英信流よりX字納刀が滑らかな印象を受けました。
又、映画「蝉しぐれ」の立合では"斜刀・月影・稲妻"の第一刀、
エンディングでは"前斬"が画面に登場していました。
居合を始めてから、時代劇の見方が変わってきた様に思います。

雑文ですみません。
それでは失礼させていただきます。
三河武士@BlogMaster
2007年11月13日 18:42
元50番さま
当方の拙いブログに再来していただきコメントを頂戴いたしまして、誠にありがとうございます。
確かに藤沢周平氏の作品を文書(本)ではなく映画などの映像作品として目にすることが多くなったと、私も思います。9月あたりまでTVで放映されていた「居眠り磐音 江戸双紙」は、最近のお気に入りでした。(来春1月頃にDVD BOXが発売されるようで、購入しようか迷ってます。)
現在NHKの木曜時代劇で放映されている「風の果て」は残念ながら見ていませんでした。映画「蝉しぐれ」はレンタルして鑑賞しようと思います。有益な情報をありがとうございました。
今後とも宜しくお願いいたします。