家紋について

皆さんはご自宅の「家紋」をご存知ですか。当家は「丸に三つ柏」の家紋です。

画像


私たち親子は普段の居合のお稽古でも、袂のある袖の着物と居合袴の格好でお稽古を受けております。本当ならば当家の家紋を付けた着物を着るべきでしょうが、訳あって、今は「丸に剣片喰(けん・かたばみ)」の紋を付けた着物を着ております。

画像


この「丸に剣片喰」の家紋、実は中部英信館の館長先生のお宅の家紋であると共に、なんとあの林崎神社の社紋(神社の家紋)でもあるそうです。そこで、英信流にも中部英信館にも通じる「丸に剣片喰」の紋が刺繍された着物を着て、お稽古をしている訳でございます。

ところで、家紋を刺繍した額を作成していただけるお店が京都にあります。インターネットでも注文をうけて作成してもらえます。当家も一番小さいサイズですが、黒地に金糸で「丸に三つ柏」の家紋を刺繍した額を作っていただき飾っております。

画像
(家紋の刺繍の下部には家名も刺繍してありますが、画像を加工して消させていただいた写真を掲載させていただきます。)
お店の屋号は「三京」さん。全国制覇(47都道府県すべてから注文をいただいて家紋刺繍額をつくること)を目標に素晴らしいお仕事をされております。先ほどサイトを拝見しましたところ、あと3県を残すのみという状況までご活躍されておりました。残る3県とは、山梨県、鳥取県、高知県だそうです。ご興味がありましたら、三京さんのホームページの「家紋刺繍額」のコーナーをご覧になってみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年03月02日 12:21
こんにちは♪本日は、メールにてブログへの掲載のご連絡ご丁寧にありがとうございました。早速、遊びに来させていただきました。ご紹介いただいて本当にうれしいです。あれからもコツコツご注文にお応えして作り続けています。喜んでいただける事が、一番ですのでこれからも一生懸命作り続けて皆様に喜んでいただけるように頑張ります!!ご注文いただいたお客様からこのように紹介いただけたこと今年は、良いことが、あるような気がします!!!本当にありがとうございました。ブログ頑張ってくださいね♪
三河武士@BlogMaster
2008年03月02日 12:45
京都の刺繍 三京さま
わざわざご訪問いただきましてありがとうございました。こちらこそ記事の掲載お許しいただきありがとうございます。
作っていただいた家紋刺繍額、私自身が大変気に入っておりますので、いつか少しでも多くの方に知っていただきたいと思っておりました。
武道をされている方には、「和」の文化にも関心を抱いていらっしゃる方が多く、「家紋」についても興味、関心をお持ちの方がいらっしゃると思い、このたび記事として取り上げさせていただきました。全国制覇の達成が成就しますよう、美濃の地よりお祈り申し上げます。これからも益々ご繁盛でありますように。
2008年03月03日 10:51
三河武士親子様。体調は回復されましたでしょうか?今月号は渋めの出だしで楽しく拝見させて頂きました。又、三京さんの古くて新しい発想でオンリーワンビジネスを確立されれば幸いと存じます。さて、「家紋」絡みの話題ですが、URLに添付いたしました-「濃洲関 藤原兼房」さんはハバキに家紋刻印をするサービスを行っている様子です。私の居合刀は安価品ですので、もう少し、上手くなりましたら、藤原兼房さんで購入しようかと思います。因みに、当家の家紋はやや特殊です。http://www.alte-studio.com/inkan/kamon_lookup.php?s_cat_id=100&retry=1
「太井桁(井筒)」の太さで「組み井桁(井筒)」です。私事ですみません。では、次回のブログも楽しみしております。さようなら。
PS:下記URLはいかがでしょうか?
日本の苗字7000傑
http://www.myj7000.jp-biz.net/index.htm
日本の苗字7000傑 出自別代表家紋
http://www.myj7000.jp-biz.net/rootsmbl/rsmblf.htm
三河武士@BlogMaster
2008年03月03日 21:51
元50番さま
コメント頂きありがとうございます。
風邪のほうは、すっかり完治いたしました。ご心配頂きありがとうございます。
「濃州関 藤原兼房」さんのHP、私も拝見したことがあります。現在はHPリニューアル中とのことで、HPからの注文は受けておられないようです。ハバキへの家紋の刻印は、私たち親子が居合刀を購入した「居合道専門店 濃州堂」さんでも注文すれば行なって頂けるようです。但しサービスではなく追加オプションですので、別途費用がかかると思います。
ところで御家紋が「太い」「組み井桁」とのことですが、特殊な御家紋ですね。家紋についてのいわれ等、お聞きになったことはございませんか。あるいは御家系をさかのぼると特別な職や身分をお受けになっておられた方がいらっしゃるとか...。家系をさかのぼっていくと家紋のいきさつがわかるそうです。たとえば、武家・公家などに多い家紋とか、地方・地域に多い家紋とか、明治以降に家紋を定めた家系とか。ご自分のルーツ探しも面白いと思います。
2008年03月04日 09:08
三河武士親子様。
早速のご返信有難う御座います。
突然ですが、江戸時代後期尾張藩の津金文左衛門胤臣(URL)なる人物を御存知でしょうか?既に他界した祖父と父が、「当家は文左衛門の遠戚に当たる…」と、言っておりました。最近、ふと思い出し、“津金文左衛門胤臣” を検索しましたら、“熱田前新田”開発の中心人物で、巨額な工事費の為 責任をとり切腹したと分かりました。又、彼は、享保13年(1727)東区平田町の生まれらしいのですが、祖父母・父兄弟は概ね隣町の、東区手代町(現在の筒井町)に暮らしていました。当家先祖?代目は「名城足軽大将であった」と祖父から聞き及んでおります。(私は不肖の直系7代目)
名古屋城下、歴史の浪漫を感じます。
(上記文は自慢ではありません)

ps:「濃洲関 藤原兼房」さんのハバキに家紋刻印は「居合刀ご注文時に限り、家紋入れ料金3,000円~」の有料サービスです。言葉足らずですみません。
三河武士@BlogMaster
2008年03月05日 21:29
元50番さま
やはり尾張藩に関係する武家のご家紋でしたか。「名城足軽大将」とはご立派なご家系でいらっしゃいますね。
当家の家紋は由縁わからずです。名前や地域とはあまり関係なさそうです。どのようにして「丸に三つ柏」の家紋に定まったのかわかるまで、これからも調査をつづけていくつもりです。
さむ
2010年05月07日 01:36
昔のブログに失礼します。
うちの家ですが、父系が三つ柏で母系が剣方波見です。
いや、偶然だなと思いました。
三河武士@BlogMaster
2010年05月07日 19:16
さむ様
ご訪問、並びに、コメントを頂戴いたしまして誠にありがとうございます。

さむ様のご家系の家紋が、ご紹介した「三つ柏」と「剣方喰」とは...。しかし、「三つ柏」も「剣片喰」も、結構、有名な家紋ですから、組合せとしては少ないないと思います。
さむ様は、武道や日本文化にご興味がおありでしょうか?
宜しければ、今後ともお気軽にお立ち寄り、コメント頂ければ幸いでございます。以後、お見知りおきくださいませ。