今日、7月24日は、河合奈保子さんのお誕生日です

今日、7月24日は、私が大ファンである「河合奈保子さん」のお誕生日です。

奈保子さん、お誕生日おめでとうございます。


以前ご紹介しましたように、今年は、奈保子さんデビュー30周年という記念すべき年でもあり、奈保子ファンの皆さんは、それぞれ、色々な奈保子さんとの思い出を感じながら、今日という日を過ごされていることとおもいます。

私が奈保子さんと直接お会いしたのは、過去に3度だけ。ほとんど、テレビ、ラジオ、レコード、雑誌を通じて、奈保子さんを応援していたファンでした。

最初にお会いしたのは握手会、2度目はコンサート、そして3度目はショッピングセンターの従業員専用通路でお会いしました。

デビュー直後の奈保子さんは、全国のいろいろな地域の大きなレコード店や大店舗のショッピングセンターで新曲のキャンペーンをおこなっていて、そのようなキャンペーン会場で握手会が行われていました。いつも奈保子さんのレコードは予約購入していましたので、握手会の参加券を頂くことができたときは、舞い上がるような気持ちで握手会の列に並んだことを思い出します。
自分が握手をする順番になった時、素敵な笑顔で「ありがとう」という言葉とともに、差し出した私の右手を、両手で包み込むようにして握手をしてくれました。緊張していて「いつも応援してます。頑張ってください。」とありきたりな言葉しか言えませんでしたが、高校生の自分にとっては、憧れのアイドル歌手と握手できたことは、天にも昇る心地でした。「握手した右手は絶対洗わない」と真剣に思ったぐらいですから、自分で言うのもなんですが、本当に純粋に奈保子さんのことを応援していました。

コンサートは、最初で最後、たった1度しか行ったことがありません。高2の夏だったと思います。奈保子さんが所属していたプロダクション「芸映」の公式ファンクラブ「河合奈保子ファンクラブ」に当時入っており、そのファンクラブから購入した「応援ハチマキ」を持ってコンサートに行き、大音量の演奏と公認親衛隊NCA(Naoko Canary Association)の人たちの統制のとれた「応援コール」(通称、「奈保子コール」)に圧倒されながら、それでも一緒に応援コールを叫んで、憧れの奈保子さんのコンサートを楽しんだというのが、かすかに覚えている思い出です。残念ながら、コンサートでどんな曲が歌われたのか、どんなおしゃべりを奈保子さんがされたのか、全く思い出せませんが、それでも、大切な思い出のひとつです。

3度目のショッピングセンターでの従業員専用通路というのは、ちょっと変わっていると思われるでしょう。
私の伯父が勤めていたお店がテナントとして入っていた大手ショッピングセンターで、奈保子さんが新曲のキャンペーンをおこなう日、そこに手伝いに行っていた私が、休憩時間に店舗の奥の従業員専用通路で一人で休んでいるところに、偶然、奈保子さんが一人で通路を歩いてきて、私の目の前で「ニコッ」と笑顔で会釈をしながら、通り過ぎて行ったという、衝撃的な思い出です。あまりの突然の出来事に、声もかけられず、ただただその場で奈保子さんの姿が見えなくなるまで、見つめ続けていました。そしてその日、私の名前を書き添えてくれた、この世で一枚しかない、奈保子さんの直筆のサイン色紙を頂くことができたという、最高の思い出です。
もちろん、その時のサイン色紙は、大切な宝物として、今も額に入れて飾っています。

奈保子さん直筆サイン色紙


素敵な思い出をたくさん私に与えてくれた、憧れの歌手、河合奈保子さん...その奈保子さんのお誕生日である今日は、私にとって、とっても感慨深い日なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント