今週のお稽古(2月第1回目)

強い冷え込みと雪を日本列島にもたらした強い寒気も太平洋上へ抜けて、今週は、3月下旬並みの暖かな毎日の美濃地方です。暦の上でも「立春」を迎え、これから次第に暖かさを増していってもらいたいと思っていましたが、昨日あたりから、また気圧の谷と西高東低の冬型の気圧配置に戻るようで、まだまだ寒い日が続きそうです。

今週も息子と一緒に、居合のお稽古を受けに、道場のある館長先生のお宅に伺い、ご指導をしていただきました。

始めに、居合刀を帯刀して、先週の「立膝之部」の続き、「鱗返」、「浪返」、「滝落」、「真向」をご指導いただきました。
特に「滝落」では、最初の立ちあがるまでの鞘のひねり具合と、立ちあがった時に、鐺(こじり)をグイッと引き上げ、鐺を握っている敵の手首をひねり上げるようにするための要領と、その後の歩幅の取り方など、以前、ご指導していただいた注意点を、再度ご指導していただきました。
更に、刀法(全日居連盟制定居合)5本も、久しぶりにご指導していただきました。

そして前回に引き続き、組太刀のお稽古をさせていただきました。
先週までにとりあえず、「太刀討之位」7本について、一通り動きをご指導していただきましたので、今週は、1本目から7本目まで、通して行ないました。
久しぶりに、いつもお稽古日にお会いする錬士の先生も、途中からお見えになられましたので、仕太刀と打太刀のそれぞれの役を、私と息子と錬士の先生の3人でローテーションしながら行ない、館長先生にご指導していただきました。

間合いと呼吸(タイミング)が少しずつですが、息子と合うようになってきました。細かい部分では、まだまだ本来の定められた「形」通りの動作でない部分もあるでしょうが、息子と組んで行うときは、お互いが躊躇せず、7本の形を行なっていけるようになってきました。いよいよ本格的に面白くなってきました。
「イー、エイ!」と掛け声をかけながら木刀を構え、斬りかかり、あるいは受け、仕留めの斬りつけは、「エ-イ!」と少し気合を込めながら決めにいきます。
まだまだ木刀を振る早さは、お互いの動作を確認しながら動いているため、少々ゆっくりで、迫力はまだまだですが、これから、細かい形の動きと同時に、もう少し間合いを詰め、木刀の振りかぶりや斬りおろしの俊敏さ、力強さが出せるようになっていきたいと思っております。

今日も夜な夜な、リビングで、ドタバタと、形の動きを練習します。

にほんブログ村 武術・武道ブログ 居合道へ
ブログランキング参加中。クリック宜しくお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

遠州灘の虎
2011年02月09日 06:07
梅の花もほころぶ季節となりましたね。
その花の美しさとは真反対の、相撲界のイカサマ 。

同じ武道である、ましては国技と言われている相撲にですよ。
応援している方々は、力士の真剣勝負を見て感動するわけですからイカサマは罪深いことです。

腰に真剣を(模擬刀でも)さして行う我々居合人の競技には、真剣勝負がすべてと考えます。

真剣勝負であるから美しく、先達の言われた芸術なのだと。
勝敗は厳しいですが、負けもまた美しい芸術と、真剣勝負であるから納得できると思います。

同じ武道である居合には、関係ない話であって欲しいと考えます。

三河武士さん、しばらくの間、私はお休みいたします。
ありがとうございました。
三河武士@BlogMaster
2011年02月09日 23:28
遠州灘の虎さま

いつもご訪問、コメント頂き、誠にありがとうございます。

国技である「相撲」に関する今回並びにこれまでの不祥事は、本当に許せないと言わざるを得ません。スキをつかれた、魔がさした、では済まされない不祥事ですから、二度とこのような不祥事が起こらないようにしていただきたいと、切に願っております。

>同じ武道である居合には、関係ない話であって欲しいと考えます。

もちろんですとも。
そして同時に、我々も、敵にスキを見せず、油断せず、己を律して、古来より伝承されたる神聖な居合道を汚すことなく、後世に伝えなければならないという使命を、私たち一人一人が担っていることを、常に自覚していなければならないと思います。

>しばらくの間、私はお休みいたします。

いつでも、お気軽にお越しくださいませ。
こちらこそ、いつもありがとうございました。
釈宏海
2011年02月14日 11:51
初めてコメントさせていただきます。
当方、東京江坂道場で稽古させていただいている者です。前から三河武士さんのサイトは見させていただいておりました。同じ居合を学ぶ者として大変参考になる事多く、感心している次第です。
とりあえず今回はこんなところでまた・・・!
追伸:昨年の大阪大会ではそちらをお見かけしたのですが、お声を掛けるところまで出来ませんでした。ゴメンナサイ!
三河武士@BlogMaster
2011年02月14日 22:25
釈宏海さま

こちらこそ初めまして。三河武士と申します。
拙い当ブログをご訪問いただき、更に、このたびはコメントを頂戴し、誠にありがとうございます。

>当方、東京江坂道場で稽古させていただいている者です。

全日居の連盟副会長でもいらっしゃる、範士十段 江坂先生の門下のかたですね。以前からご訪問頂いていたとのこと、重ねてお礼申し上げます。

>同じ居合を学ぶ者として大変参考になる事多く、感心している次第です。

過分なるお褒めのお言葉、ありがとうございます。ただただ、自分のお稽古での感想などを書き綴っているだけでございますが、このような稚拙な表現でも、釈宏海さまのお役に立っておりましたら、大変嬉しゅうございます。
是非、今後ともお気軽にお立ち寄りいただき、コメントなど書き込んでいただければ幸いでございます。

>昨年の大阪大会ではそちらをお見かけしたのですが、お声を掛けるところまで出来ませんでした。

今年も秋の大阪、難波での全国大会に出場する予定でおりますので、前夜祭や大会当日にお目にとまりましたら、お気軽にお声掛け頂ければ幸いでございます。

このブログが、同じ居合道をお稽古している皆様の交流のきっかけになっていただければ、とも思っておりますので、どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。
釈宏海
2011年02月15日 13:48
三河武士殿
実はそなたのブログは偶然見たものです。居合ではなく、飛行機の検索をしていたところでした。
小生飛行機、特にレシプロ軍用機のファンでして、そんな検索をしていました。レシプロ以外も良いのですが、限定すると第二次大戦までですかね?まあそんな事もあり居合も共通項で・・・。飛行機の話もぜひしたいです。
今後ともよろしくお願いします。
追伸:五月の京都は行かないの?小生初めてですが行く予定です。
三河武士@BlogMaster
2011年02月15日 20:04
釈宏海さま

>小生飛行機、特にレシプロ軍用機のファンでして、そんな検索をしていました。

「飛行機」のキーワードでの検索で偶然、お越しくださり、コメントまでお書き添えいただき、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございます。

私の方は、元々は「旅客機」好きで、子供のころから良く名古屋空港に足を運んでは、一眼レフで写真を撮っておりました。今の土地に移り住んで、航空自衛隊岐阜基地の戦闘機を間近に見る機会が増え、その機動性やスピード、あるいはブルーインパルスのテクニックに魅せられ、昔は岐阜基地の航空祭にエアバンドレシーバーとカメラを手に、息子と妻を連れて、家族で毎年のように航空祭に出かけ写真を撮っておりました。
セントレア(中部国際空港)が開港し、かつての名古屋空港が県営名古屋飛行場となり、発着便数や乗り入れ航空会社が激減したことで、飛行機の写真を撮影しに出かけることも、すっかり減ってしまいました。
逆に、時期を同じくして始めた居合のお稽古の方が充実しており、このブログを始めたきっかけになっております。

>五月の京都は行かないの?

私も今回初めてになりますが、奉納演武をさせていただくため、5月に京都で開催される「全日本居合道連盟全国大会」に息子と一緒に参加する予定にしております。
会場でお目にかかれれば、幸いでございます。