今週のお稽古

今週も道場にて館長先生のご指導を受け、業の修練に励みました。先生からお褒めのお言葉をいただくと、大変うれしく、そして大きな自信につながるように感じます。
ところで、我が息子は現在高校2年生であり、大学への進学を希望しているため、当然のことながら彼の本分は勉学です。また身長も170cm以上で、2尺4寸5分の刀を扱うため、自宅室内で刀を振る練習はできず、もっぱら週1回(月3回)の道場でのお稽古でしか刀を振っておりません。あとは「イメージトレーニング」(???)だと言っています。
一方、私は2尺3寸の刀を扱うので、天井や周囲の家具を気にしながらも、一応自宅室内で練習することができるため、(天井の照明器具を気にかけたり、前進しながらの抜刀法は業を細切れにしているため、振りかぶり・切り下ろしの動作や、連続的な流れに対する弊害がありますが)正座、抜刀法(立業)、制定居合刀法を、刀を使用して自宅でも可能な範囲で練習を行っております。単純に自宅練習の時間も含めた練習時間を比較すれば、当然私のほうが多いのですが、息子の業は私の業に比べても特に目だって劣っているわけでもなく、業によってはむしろ彼のほうが正しい動作を身につけており、業として上達しているものもあります。(彼のほうが、斜刀や追撃刀など先生に褒められています。)きっと集中力・記憶力・体が業の動きを覚える早さなど、彼のほうが私よりも優れている点がいくつもあるのだな、と関心するとともに、私のほうは、これからも時間を作って、限られた物理的空間の中で可能な範囲の自宅練習を続けていくことと、彼のいう「イメージトレーニング」を取り入れてみようと思います。
いよいよ9月の中部大会まで残すところ約3ヶ月となってきました。「全日本居合道連盟 大日本兵法 居合道」および「無雙直傳英信流 居合兵法 正統会」の地方審査での昇段と上位入賞を目指して、朝鍛夕練で臨みたいと考えております。

イメージだけで「らくな体」をつくる本


にほんブログ村 格闘技ブログ 武術・武道へ ブログランキング参加中。良かったらクリックしてくださいませ。

"今週のお稽古" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント