今週のお稽古(1月第1回目~稽古初め)

暦の上では大寒(「たいかん」あるいは「だいかん」と読む。厳寒を感ず。)を迎え、雪こそ余り降らないものの、連日、氷点下を超える厳しい寒さが続く美濃地方です。

早いもので、今年(2013年)も既に20日が過ぎました。
遅ればせながら、今年の初稽古について書き留めておこうと思います。


1月7日、仕事始めと同じ日に、息子と一緒に初稽古に行ってまいりました。
館長先生(無双直伝英信流 正統 第23代宗家 福井正孝将人先生)に御挨拶し、今年の稽古初めは「抜刀法」を抜くことになりました。

「順刀(その1)」から「斬突刀」まで、そして奥之業「前敵逆刀」から「後敵抜打」までを、一通り抜いた後、私と息子のそれぞれに対して、今年1年の居合を稽古するうえでの目標を御指導していただきました。
息子には腰の安定化について、私には手の内、特に、右手の手の内について、どのように悪いのか、そして、どのように意識して直していけばよいのか、御指導を頂き、『今年一年の目標として、稽古や練習に取り組むように...』とお言葉を頂きました。

居合に続き、形(「かた」、組太刀のこと)についても、御指導を頂きました。
年末早くに稽古を納め、年始の休み明けまでの数週間、刀も木刀も手にしておらず、当然、組太刀もおこっていなかったため、業を忘れかけていたような場面もあり、少しヒヤッとしました。身体に業を覚え込ませるように、居合同様、組太刀にも、頑張っていこうと思っております。

にほんブログ村 武術・武道ブログ 居合道へ
ブログランキング参加中。宜しければクリックをお願いします。

"今週のお稽古(1月第1回目~稽古初め)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント