テーマ:刀剣

こんなレター・オープナーはいかが?

いよいよ霜月11月、あと二ヶ月で今年も大晦日を迎えるまでに暮れてきました。朝晩は結構寒くなってきており、日中の日差しよりも風の冷たさのほうが勝ってきた、美濃地方です。 先週は10月末の週であり、かつ月に3回のお稽古も済んでいたため、館長先生にご指導していただくお稽古はお休みでした。従いまして、「今週のお稽古」は来週となりますこと、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

特別展「兼定と兼元 -戦国時代の美濃刀-」のご案内

徐々に晩秋の感が漂う美濃地方です。今週は十五夜も含まれていた故、日中の良く晴れた日の雲の少ない夜空には、満ちた月が綺麗に見える日が多くございました。 明日、我息子が校外模試を受験するため、今週のお稽古はお休みさせていただきましたので、ブログの方も「今週のお稽古」は来週までお待ちください。ご訪問くださる皆様が、拙いお稽古の記事に関心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三回「お守り刀展覧会」に行ってきました

田んぼの稲穂が黄金色に染まり、収穫の時期を迎えている美濃地方です。 先週は秋雨前線のため雨続きでしたが、今週はうって変わって、日中はまるで残暑のように28℃近くまで気温が上昇し、そうかと思えば夕方から夜にかけては20℃を下回り、朝方は15℃前後という、日内気温の寒暖の差が激しい毎日です。 先日ブログでご紹介した「お守り刀展覧…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「お守り刀展覧会」(岐阜県関市)開催のご案内

以下情報は、中日新聞に掲載の広告を元にご案内させていただきます。 本日10月4日(土)から19日(日)までの間、 第三回「お守り刀展覧会」が岐阜県関市の「関鍛冶伝承館」で開催されます。 また10月11日(土)、12日(日)には、関市刃物市も開催されます。 イベント名 第三回「お守り刀展覧会」 日時    10月4日(土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ただいま徳川美術館にて 備前一文字派刀剣 特別展示会 開催中

名古屋の徳川美術館で現在「備前刀の華 一文字」という特別展が開催されております。 (関市在住の日本刀研師「楽屋さん」こと平井さまからいただいた情報です。) 会 期   平成20年5月24日(土)             ~7月6日(日) 開館時間 午前10時~午後5時        (入館は午後4時30分まで) 休館…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

学研の「図解 日本刀辞典」も買ってしまいました。

学習研究社(学研)から出版されている「図説 日本刀大全」、「図説 日本刀大全2」を3月と4月にそれぞれ購入したばかりなのに、性懲りも無く、「図解 日本刀辞典」まで買ってしまいました。 出版時期としては今回購入した「図解・・・」が最も古いのですが、amazonではずーっと「在庫切れ」だったので、なかなか手に入らない状態のままだった書籍で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「図説・日本刀大全2」が学研から出版されました。

以前、当ブログでもご紹介しました学習研究社(学研)の「図説・日本刀大全」の第2弾が発売されました。書籍名は、「図説・日本刀大全2 名刀・拵・刀装具総覧」です。4月に第2弾を出版することは、以前から知っておりましたので、amazonに予約しておいたのですが、本日やっと発送のメールが届きました。明日には手元に届くと思うと、楽しみで今からワク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抜き付け、それはすべての調和なり

今週も道場にて先生にお稽古をつけていただきました。 左手の鞘の扱いが、まだまだ足りないとのご指導をいただきました。そして仮想の敵に対する目付け、諸動作の自然な流れなど、まだまだ刀の抜きつけにおける、刀の抜き、鞘の引き、体を起こすタイミング...。すべてが調和してこそ、美しき刀法の型が成り立つのですが、なかなか頭で考えていても、動作に結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居合道は奥深きなり

本日2週間ぶりに居合の稽古をつけていただき、まだまだ己の未熟さを反省するばかりです。先生のご指摘の一つ一つに道理があり、相手(敵)の動作に相対するための刀の扱い、緩急・強弱による気の表現など、ご指摘いただいた内容はどれも納得できることばかりです。本日ご指導いただいた内容を明日からの自主練習に取り入れ、自らの体のさばきや刀の操りを、より理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本刀の魅力について

私たち親子は居合を稽古し始めてまだ日が浅いため、稽古には模擬刀を使用して刀法を習っております。本来ならば真剣(日本刀)を使用して、精神の鍛錬と気の集中を極限まで高め、刀法の稽古をしてみたいところですが。真剣は非常に高価であり、手入れも大変だとお聞きしております。私のような未熟者が真剣を使用するなど、10年早いというものでしょう。しかし真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more